契約社員を更新しない時の円満で正しい伝え方!失業保険の申請方法も詳しく

契約社員を更新しない時の失業保険はもらえるのでしょうか?契約社員を更新しないときの伝え方もスムーズにしたいですよね。今回は、契約社員を更新しない時の円満で正しい伝え方と失業保険の申請方法を詳しくご紹介します。

 

契約社員を更新しない時の円満で正しい伝え方!

契約社員として働いていて、契約更新のタイミングが近づいてきたけど、更新はしたくないと決めたときに、どのように伝えたらいいのでしょうか。揉めることなく、円満に伝える方法をご紹介します。

契約社員と正社員の違いは、契約社員には契約期間が定められているという点です。契約は1年更新にしている会社が多く、すべての契約期間を通して3年にしている会社がほとんどのようです。

契約社員として働いていて、更新しないということは会社を退職するということになります。会社によって退職のルールがあるのでポイントを押さえながら円満に伝えましょう。

それでは、契約社員を更新しない時に自分から辞める場合を見てみましょう。

契約社員を更新しない時に自分から辞める場合

契約社員を更新しない時に自分から辞める場合は、退職希望日の1ヵ月前までには退職意思を会社に伝えましょう。契約書で自動更新などが定められていない場合でも、1ヵ月前までには伝えておくのがいいでしょう。契約更新日ギリギリに急に辞めます!と言われても会社側も困ってしまいます。余裕もをって行動しましょう。

一般的には、契約更新の時期になると会社側から更新意思を聞かれる場合がほとんどです。その時に更新しないことを伝えましょう。このタイミングで口頭で申告しておくとスムーズだと思います。会社から更新希望の確認がない場合には、時期を見て自分から伝えましょう。

自動更新になっている場合もあるので、契約更新の時期を把握しておくことも大切です。特別退職届け等が必要な場合は、会社から説明があると思います。

契約の途中で辞めるとき

契約社員は契約期間が定まっているので、契約途中でやめる場合はやむを得ない事情がある場合ではないでしょうか。一般的には、大怪我で働けない場合や、会社が労働基準法を守っていない場合だと思います。

しかし、上記の理由に当てはまらない理由でも退職することはできます。退職は労働者に認められた権利でもあります。双方が合意すれば問題なく退職することが出来ます。

契約社員を更新しない時に辞めるときのポイントを見ていきましょう。

契約社員を更新しない時に辞めるときのポイント

  1. 契約満了のタイミングで辞める
  2. 1ヶ月前を目安に早めに退職を伝える
  3. 前向きな退職理由を伝える
  4. 会社と良好な関係を築いておく

契約社員なので契約した期間はやむを得ない事情がない限りは続けた方がいいでしょう。契約満了のタイミングで辞めるのがマナーであり会社側にも迷惑をかけません。退職することを早めに伝えましょう。

会社に不満があるというマイナスな理由ではなく、○○に挑戦したい、他にやりたいことがある、自分のスキルを活かしたい、など前向きな退職理由がいいでしょう。普段から会社との関係を良好にしておくことで、退職時も円満にすることが出来ると思います。

契約社員を更新しない時に会社都合で辞める場合を見ていきましょう。

契約社員を更新しない時に会社都合で辞める場合

会社都合の場合は、辞めてくれと、いきなりいわれることは基本的にありません。一般的には契約更新の時期になると会社側から「次回の更新はありません」という感じで伝えられます。

会社側もトラブルを避けるためにも、1ヶ月前など少し前に伝えてくれると思います。

  • 自動更新になっている
  • 契約更新を期待させるような行動があった
  • 正社員と業務範囲や責任範囲がほぼ変わらない
  • 正当な理由の説明がない

このような場合で納得いかないようならば、弁護士さんに相談して会社と争うこともできます。

契約社員の解雇は、やむをえない理由がないと難しいです。

  • 会社側に多大な損害を出してしまった
  • 改善指導後も変わらない
  • 社内で暴力等の事件を起こした
  • 業務に支障が出るようなことをしている
  • 入社したときに能力に関して嘘をついていた

会社都合の退職は、退職関連の書類に記入する必要があります。書類は会社側が準備しています。その書類にきちんと「会社都合」と書かれているかをチェックしましょう。会社都合と自己都合は、退職についての扱いが変わってくるので、しっかり確認しておきましょう。

契約社員でも失業保険はもらえるのか見ていきましょう。

契約社員で失業保険をもらえる?

失業保険は雇用形態にかかわらずもらえる給付金制度です。雇用保険の被保険者が会社を退職して再就職するまでの間、失業中の生活費を補償するための手当になります。条件さえ満たしていれば、契約社員でも失業保険を受け取ることが出来ます。

条件を満たしていない場合は、契約社員でも失業保険を受け取ることはできません。

契約社員が失業保険をもらえる条件を見ていきましょう。

契約社員が失業保険をもらえる条件はある?

失業保険をもらうには条件があります。

  • 雇用保険に加入して、きちんと保険料を支払っていること
  • 雇用保険に加入していて、保険料を支払っていた期間が通算で12カ月以上あること

この条件を満たしていれば失業保険をもらえます。契約社員でも、正社員と同じ所定労働時間なら雇用保険の加入条件は満たしているとおもわれます。正社員よりも労働時間が短い契約社員は、

  • 1週間に20時間以上働いていること
  • 31日以上雇用されることが見込まれること

この条件を満たしていないといけません。

さらに、雇用保険の被保険者期間が12ヶ月以上必要になります。加入期間は通算12カ月なので、被保険者であった期間が合計して12カ月以上あれば大丈夫です。継続ではないので会社が変わっていても通算12カ月になれば条件を満たしていることになります。

1年以内の再就職に限り通算されます。1年以上間が空いてしまうと条件を満たすことにはならないので注意が必要です。雇用保険に入っているのか、支払っているのかどうか分からないという場合には、会社から貰う給料明細を確認して見ましょう。給料明細に「雇用保険料」が記載されていれば保険料を支払っています。

契約社員を更新しない時の失業保険の申請方法を見ていきましょう。

契約社員を更新しない時の失業保険の申請方法

  • ハローワークで求職の申込みを行います。就職の意思・能力があるにもかかわらず、職業に就くことができない場合
  • 離職の日以前2年間に、「被保険者期間」が通算して12ヵ月以上あること

自己都合退職か会社都合退職かによっても、給付制限期間や給付日数が変わってきます。失業保険の受給に関する要件はとても複雑です。自分で判断するのは難しいでしょう。

失業保険の受給資格があるかどうか、給付制限はつくのかなど疑問な点はたくさん出てくると思います。疑問点や不安に思っていることがあればハローワークで確認してもらうのが1番だと思います。丁寧に説明してくれます。

まとめ

契約社員を更新しない時の円満で正しい伝え方!失業保険の申請方法も詳しくということでご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?失業保険をもらう時の重要なポイントは、「退職の理由」です。契約期間中は会社側も労働者側も辞めるのが難しい場合があります。

契約社員の更新をしないと考えている方は、会社側とのもめごとを避けて、スムーズな契約終了を目指していきましょう。

私が月50万円以上稼いでいる、自分ブログの作成方法の全てを「完全無料のメール講座」で限定公開することにしました!

なぜ、ブログを書くだけで、月50万円以上を稼げるのか?

そのすべての方法を、初心者でも十分に理解できて、私とブログを同じように作っていけるように、実践的にまとめました。

このメール講座では、パソコン音痴でアフィリエイトについてまったく知らなかった私が

ゼロから最初の1万円を稼いだ方法、

6ヶ月後に30万円稼いだ方法

そして現在まで継続して50万円以上を稼ぎ続けている方法

を、初心者でも分かって作っていけるように、一つひとつ丁寧にお伝えしています。

さらに期間限定で、 「まったくの初心者からできるブログの作り方レッスン」10万円相当の動画講座を無料配布しています。

さらに「私がアフィリエイト初心者の頃に、月3万円稼いだ全手法」をレポートにしてこちらも無料配布しています。

このレポートは、誰でも私と同じように稼いでいける方法なので確実に入手することをお勧めします。

レポートはメール講座登録後、すぐにお届けしています。

↓↓ボタンクリックで登録できます!







ブログコンサルタントゆいゆいのLINE@はこちらから登録できます!

ゆいゆいのLINE@ではリアルタイムでお役立ち情報をお知らせ!
メルマガにはない情報も配信♪
↓↓
こちらから3秒で登録可能です☆彡

友だち追加